飼い猫にオートペットフィーダー(自動給餌器)を買ってみました【レビュー】

JimmyPet 自動給餌器

先日の温泉1泊で身にしみました。自動給餌器の必要性を!!

みちのくの名湯、鳴子温泉郷湯本「吉祥(宮城)」、前半
温泉レポです。宮城の鳴子温泉は1000年の歴史をもち、5ヶ所の温泉地があつまる一大温泉郷です。2016年10月よりオープンした「吉祥」を体験してきました。「前編」

やはりまだまだ子猫、食べ盛りです。

実家の猫の時には「野良猫の事を思えば1日ぐらい大丈夫」と言い切っていたりんママですが、自分の猫となると違うもんですね…。

心配大でした。

もちろん何があったわけではないのですが、やはり心許なかったようで飼い猫の愛を一心に受け止めるというか、愛情を確認することはできたのですが、仕事を始めるようになった時の事も考え定時で食べさせられるように自動給餌器を検討、まずは手軽なものを購入してみました。

それがこちらの商品「JimmyPetオートペットフィーダー(自動給餌器)」です。

JimmyPet 自動給餌器

スポンサーリンク

本体について

サイズ

▼縦27×横24×高さ7(cm)

JimmyPet 自動給餌器

参考にDVDと単3電池を置いたみました。

結構入りますが、2回分の割には本体は大きいです。もっとコンパクトに出来そうな気もしますが、中型のわんちゃんの場合にはこのぐらいの大きさの方が安定するのかもしれないですね。

おすすめポイント

  • 中の受け皿は取り出し可能なので、洗いやすいです。
  • 夏場の暑い時期には保冷剤(付属あり)を入れる事が可能です。

JimmyPet 自動給餌器

使い方

電池をセット

日本語の説明書も入っていますが、説明するまでもないほど簡単です。

本体以外に単3乾電池を2本ご用意下さい。

▼下記の通りセットします。

JimmyPet 自動給餌器

早速ですが、ここ注意して下さい。

さすが外国製品というか、この電池を入れる部分の作りがあまい(笑)

電池の出し入れには注意が必要です!!

蓋を開ける時のつまみはうっかりすると折れそうな作りなので力加減に気を付けて下さい。

また、おそらく時計が内臓されている感じなので(チッチッと音がします)、電池を入れっぱなしにしておくと消耗してしまうため、たまにしか使わない方は取り出しておくことをおススメします。ただし、電池を入れる穴がキツく、一旦入れると取り出しにくくなるので出し入れが面倒です。

ここスイッチ式だと楽なんですけどね。

毎日使う方、電池を入れっぱなしにされる方は問題ありません。

電池の残量がわからないため、1泊などのちょっと長めの不在が心配な方は新しい電池をご利用ください。

扉をオープン(餌をセット)

▼「0」と「48」を直下にした状態で扉が開きます。

JimmyPet 自動給餌器

また、つまみを回す時には手動です。

右にある矢印の方向(時計と反対回り)に回して下さい。

タイマーをセット

▼12時間後にオープンセットした状態

JimmyPet 自動給餌器

タイマーの下に白く「△」があるのですが、わかりづらいですよね。

そこを基軸として、自分がセットしたい時間から逆算して下さい。

【夜の7時に給餌したい場合】

朝の7時にセットする時は「12」時間後になります。朝の8時にセットする時は「11」時間後。

48時間内で2回分のセットが可能です。

【もう一方を翌朝の7時にセットしたい場合】

朝の7時に翌朝をセットする時は「24」時間後になります。

これで1回目を夜7時(1日目)、2回目を翌朝7時(2日目)で1泊分の外泊セットOKです。

以上がJimmyPet 自動給餌器を使った感想でした。

では、ここから私の検討している自動給餌器シリーズです(笑)

自動給餌器シリーズ

オートペットフィーダー4.3L

【ポイント】

  1. 連続4日以上(4.3L範囲内)、1日最大4回の餌やりが可能
  2. 1回に与える給餌量が10段階(25g/1段、50g/2段~250g/10段)
  3. サイズ:縦38×幅24×奥行30cm
  4. 電池(単1×3本)とアダプダーの併用が可能
  5. 餌トレイと中の餌入れのラックは取り外し可能
  6. 餌の食べ残しセンサー機能付き
  7. 飼い主の声を録音可能「ご飯の時間だよ!」


「3」の電源が2つとれのは安心なので大変ありがたいです。

「4」のトレイトラックが洗えるのも清潔で◎。

カメラ付きオートフィーダー4.3L

上記ポイント以外

  1. 遠隔操作(スマートフォン)で給餌が可能
  2. カメラとマイクでいつでもコミュニケーション


よく芸能人の方が紹介されている、上記シリーズのカメラ監視できるバージョンです。

これだと本当に安心な気はしますが、値段がね…。

とりあえず、私は上記でこと足りますけど。ペットも子供並み。

オートペットフィーダー6食分

【ポイント】

  1. サイズ:円形32×高さ9cm
  2. 6回までの給仕が可能(1日3回なら2日間、1日2回なら3日間)
  3. 1回に最大150gまで(×6回)
  4. 受け皿と蓋は取り外し可能
  5. 電池式(単2×4本)ですが、残量お知らせランプ付き
  6. 飼い主の声を録音可能「ご飯の時間だよ!」

同じ機能とサイズで4食分(300g/1回)もあり


仕様の割に値段が手頃なんですよね(やっぱりそこ)。

ただ「5」の単2の電池と本数がネックだと思うのですが、残量のお知らせ機能は助かります。

サイズも私の購入したJimmyPetを考えればコンパクトです。

まずはこんなところでしょうか。

うちはトイレのことを考えるとあんまり長い日数、家は空けられないと思うのですが、もうちょっと長い旅行はしたいなぁ…(やっぱり)。

猫を飼う時に「猫は快適な空間さえあれば人がいなくても3日程度は自力で過ごすことが出来る」とネットで読んだことが救いとなっていたのですが、実際、飼い主の不安の方が尽きないものです。

とにかく、1個買っただけでも気持ち楽になりました。行動の制限もゆるくなって助かってます!!

つづき出来ました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけたら頑張れます

フォローしていただけたらもっと頑張れます