台南で特製八寶肉粽に松針小籠包もおススメです。台南ご飯編5

特製海鮮八宝肉粽

こんばんは。りんママです。

ここ数日、仙台は雨ばかりですが梅雨明けしていませんからね。

家では過ごしやすくて助かります(笑)

台湾はマンゴーが美味しい季節ですが、台風シーズンなのでご注意ください。

旬のマンゴー食べてみたーーーーーーい。

【前回参照】

台南最大級の花園夜市でB級グルメ観光、台南観光編7&ご飯編4
台南の夜市と言ったらここ花園夜市が最大級の規模を誇っています。食べるもよし観光するもよし。曜日に気を付けて行ってみましょう!!

スポンサーリンク

再發號肉粽(ザイファーハオロウツォン)

基本情報

住所:台南市民権路2段71号(本店)

営業時間:9:00~20:30

定休日:年中無休

再發號

感想

再發號

特製八寶肉粽150元。

1872年創業の肉粽(中華ちまき)の老舗。

特製八宝肉粽の大きさは、普通の肉粽の2倍、値段は3倍!高!!

私がここ台南で食べてきたものの中で一番高い。その値段に一度はスルーしようと思っていたものの、時間と場所とお腹の空き具合がちょうどあってしまいました。

しかも、ここは100年以上地元の人たちに愛され、多い時には1万個も売れるという大人気店とのふれこみです。ネタとして1度は食べておいても損はありません。

台北でも王記府城肉粽が粽で有名な名店ですが、ちょっと行きづらい場所にあるためまだ未体験であり、ついにここ台南で名店を味わう機会が訪れました。

その価格の価値は、具材の質にあります。チリアワビに日本の貝柱、アルゼンチンのイカ、イタリアの栗、韓国の花どんこといった豪華な輸入食材に、台湾の金勾蝦という干しエビや大きな豚肉や肉そぼろも入っているらしいのですが…、どこにいるのかわかりませんよね▼。割り方が雑でごめんなさい。

特製海鮮八宝肉粽

味は間違いなく美味しいです。日本人で嫌いな人はいません。やはりこれまで食べたものの中で一番の安心感でいただけます。

絶対誰かは言っていると思いますが…「味の宝石箱や~」

みっちりしているだけに割ると結構なボリュームなので、お腹は空かせ伺った方が無難です。

ここ台湾でも粽は旧暦の5月5日(端午節)に食べられています。

上海華都小吃點心城

都華上海

基本情報

住所:台南市民権路二段28号

営業時間:10:30~21:30

定休日:年中無休

都華上海

感想

松針小籠包

小籠(湯)包7個入り80元。

ここでの目的は小龍包のみ…「え、のみ?」だって、この後夜市へ行く予定です。
しかし台南まで来て小龍包。「別に台北でよくない?」て、思いますよね。
台湾といったら「小龍包」をお目当てで来るのは当然で、私も、結構食べました。よって、経験値は十分だと思うのですが、私は水餃子派です…。
だから、口コミを調べながらおススメの評判をみつけては「本当かな?」と半信半疑で立ち寄ってみたのですが、なんとこのお店、台南市政府からも表彰されたこともあり、さらには観光ガイドブック緑のミシュランにも紹介されたという名店なのです。

「美味い!!」

松針小籠包

▲肉汁を吸ってしまった後でごめんなさい。

脂がしつこくありません。小ぶりで食べやすいのであっという間に完食。

夜市のことを考えていなかったら色々食べてみたいお店でした。観光客よりあきらかに台南市民で賑わっていたので間違いないお店だと思います。値段もかなりリーズナブル

でも、絶対一人だと量があだになるのは目に見えており、小龍包が小ぶりで幸い。水餃子派の私が”お代わり小龍包をしたい”と思う程でした!!

台南まで来て小龍包もありだと思います。ぜひここまで足伸ばしてみて下さいね。

こちらは元祖「松針小籠包」のお店と言われています。松針とは松の葉を意味し、小籠包を蒸す際、せいろの下に通常は蓮の葉を敷くところ松の葉を敷いて蒸すことでより風味が増す調理法。

ここ意識していませんでした。行かれる方はぜひ香りも気にしてみて下さいね。

つづく。
【参考】
▼ 台南のガイドブック

▼こちらは基本ですけど、小さい盤て便利ですよね。

▼海外の宿泊サイト検索は

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけたら頑張れます

フォローしていただけたらもっと頑張れます