無職となった社会人と学生はどちらが多くブログを書けるのか?

無職となった社会人と学生はどちらが多くブログを書けるのか?

4月から無職になったりんママです。

無職になった社会人は暇じゃないですよ。え、私だけ?!

なぜなら生活費は自分で稼がねばな!!

そこ学生と人生の切迫感違ってきますからね。ブログ書くにも、趣味の域なんて言ってられない。よくネット上”そんなにアップ出来るのは暇な学生ぐらいだよ”てフレーズを見かけては、勝手に意識してることに気付いた私…

学生さんは勉学で向上して下さい。どんな知識もあって損する事はありません。

ブログを日記代わりにする世代ですからね。「手段」にするのは卒業してからでも遅くないですよ。でも、いつかは職業欄に「ブロガー」て書く世代が登場してくんだろうなぁとも思いますが。

さて、今の私が考える選択肢は以下の通り。

スポンサーリンク

選択項目

その1、失業保険をあてにする(就活は前提ですよ)

その2、就職活動に励む(下手な鉄砲数撃つこと)

その3、永久就職を決め込む(永久就職て古っ…)

マッチング

>その1を選択した方へ

(1)ブロガーになる(餌代ぐらいは稼ぎたい)

(2)時間の限り正規職員でじっくり職を探す(通年目標ですけど、なにか)

(3)猫を育てる(やればできる)

>その2を選択した方へ

(1)とりあえず任期付職でしのぐ(就職活動の輪廻)

(2)正職員とは名ばかりのブラックそうな企業に勤める(死にたくなる前に逃げましょう)

>その3を選択した方へ

迷うことなくその人を大切にし、永遠の愛を誓わせましょう(私が言うと説得力にかけるらしい…汗)

ぐだぐだネタでした。鬱なのかな…

猫ぐらいは育ててみせましょう。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけたら頑張れます

フォローしていただけたらもっと頑張れます