【初体験のピーチエア】仙台から台北へ、マンゴー食べまくり旅

ピーチエア

こんにちは、りんママです。

なかなか忙しい毎日…。

あっという間にブログも無職の時代から初めて3年目?

お気づきかと思われますが、メンテナンスもろくすっぽしないままに、あちこち傷んでます(汗)

素人がやるにはやっぱりハードルが高いと思う今日この頃です。

今の職場も年末で2年目ですが、もお就活してます…。

さて、やれることをやれるうちにしますか。

ということで、行けるうちに行ってみました台北へ。

今回でとはいっても9月のこと、5回目の台湾です。

【前回参照】

2016年、仙台から台湾初就航のタイガーエアに乗ってみました
2016年にタイガーエアが仙台空港に台湾便として初就航しました。台湾4度目となるりんママの旅行記です。

仙台から行けるようになったことでさらに身近になりました。

ローコストキャリアも前回利用したタイガーエアから2度目の利用です。

格安・簡易手続きもすべて自己責任の元、無事に3泊4日の旅を楽しんできました。

今回も自己満足の旅を読んでみてくださいね。

ピーチエア

スポンサーリンク

ピーチエアで台湾

仙台空港

スケジュール

仙台から台北(桃園空港)へは、3つの航空会社(ピーチ・タイガー・エバー)が就航しています。

ピーチは2019年11月現在「毎日」運航していますね。

9月はどおだったかな…。ごめんなさい、覚えていません。

10月から旬な時期を迎える台北は、繁忙期というか、運航曜日は増えることが多いと思います。

参考)現在タイガーエアは「月・火・木・金・日」、エバー航空も「毎日」

さらに運航時刻は下記のとおり。

ピーチ 「往路)16:50‐20:00」「復路)10:55‐15:15」

タイガー「往路)19:40‐23:00」「復路)14:35‐18:45」

エバー 「往路)16:15‐19:30」「復路)10:15‐14:25」

台湾現地との時差は「1時間」です。例)台湾の「20時」は日本の「21時」

ちなみに、私が9月に行ったときのピーチは「往路)17:05‐20:00」でした(復路は同じ)。

往路はピーチ、復路はタイガーで予約することも検討したのですが、タイガーの料金が安くなかったのと、面倒だったのでピーチに統一しちゃいました。エバーは当然お高いのでパスです。

予約手続き・料金

予約手続きは、ネット予約。

タイガーエアより予約はしやすかったというか、日本語がわかりやすかったというか(笑)

ただし、ローコストキャリアにありがちな、基本料金以外の付加サービスには今回も悩みました。

手荷物だけに抑えるか受託手荷物を追加(+料金)するのか、座席指定や食事、キャンセル料金など加味するとどんどん料金が増していくのがローコストキャリアの課題。

慣れれば格安で旅行ができるのでこれも勉強のうちですけど、本当に面倒くさい。

また、基本料金もタイミングさえあえばキャンペーン割引を利用すると(しないと?)お安いですよね。

今回は、私も往路はキャンペーンを利用したので基本料金のみ「4,000円(諸経費込みで6,250円)」程に、復路は通常のタイプに受託手荷物を付けることにしたので、もろもろ込みで「3,890台湾ドル(約13,000円)」と倍以上…。

(ここ往復それぞれで予約したからなのか、復路は台湾ドル表示)

もちろん、座席指定や日付の変更・キャンセル料金の振り替えなど特典もついてはいますが、往復にしたら結構な金額。東京だったら、きっとローコストキャリアじゃなくてもよくなっちゃいますよね?

こうなったら往路は機内持ち込みに収めようと決めましたが、制限の7kgを甘く見ていました。

だって、スーツケースだけで2kgはありますから。

夏の3泊とはいえ、実質稼働できるのは中2日だしと思っていましたが、ガイドブックすら重い。

でも、お土産を詰めて帰ることを考えるとスーツケースは外せない。

しかも立派なカメラも”今使わないでどうする…”という状況。

ネットで色々調べるも手立てなく、よく言う”着られるものは着込む”とか、”カメラは首からかけていれば重量に含まれない”とか(本当か?)、”空港で買ったお土産すら機内持ち込み(合計2個まで)にカウントされる”など帰りのことまで心配になる始末。

最後は、持っていくものの選別はもとより、それをいれるケースはほぼビニール袋で軽量化となりました。

ちなみに、キャンペーンはキャンセルの払い戻しはできないタイプだったので、個人的な都合はもとより、一番悩んだのは9月という天候・気候。

だって、台風シーズンですもの。

もちろん、空港会社での欠航の場合であればよいのですが、個人的に心配な場合は無効です。

9月の予定を6月に予約をいれた訳なので、本当に勉強代としてのお試しでした。

タイガーエアとの違いは、料金、運航時刻もありますが、機内持ち込みの重量も大きいと実感。

ピーチは厳しいのぅ。

機内持ち込み(手荷物)制限

サイズ:3辺合計が115cm以内

数 量:身の回り品1個+お一人様1個(合計2個)

重 量:7.0kg(2個合計)

サイズ:54cm×38cm×23cm未満

(このサイズは車輪及び取っ手など外部に突出している部分を含みます)

数 量:機内持ち込み荷物1個+ご搭乗者の身の回り品(合計2個)

重 量:10kg(2個合計)

ピーチエア

仙台空港での手続き

仙台空港

簡易すぎてびっくり。

地方空港のよいところとは簡易なことですが、さらにピーチは「え?これでおしまい?!」と不安になりました。

最初、うっかり国際線エリアに向かったものの表示がないことでぐるっと戻ると、国内線エリアのピーチカウンタの脇に並ぶ端末。

ピーチエア

ピーチエア

まさかの、これでいいのか恐る恐る手続きを進めるとあっという間に完了。

荷物の仕分けに手間取り、比較的ぎりぎりでの到着だったので気が抜けました。

ピーチエアの最終手続きは、出発時刻の50分前までです

参考)タイガーエアは、出発時刻の45分前までです。

しかも受託手荷物の場合は、国内線で国際線も同時に受付しているらしく(もちろん重さも計って)、手荷物に関してはまったくノーチェック!!

このまま本当にセキュリティチェックゲートに進んじゃってよいものか、もしや、セキュリティチェックで重さも計られたりするのか躊躇しちゃいました。

(夏なのに若干着ぶくれしていたので、セキュリティチェックでも挙動不審だったかも)

後でわかりましたが、端末脇にいらっしゃる係員の方が目視で確認し、怪しい手荷物の方には直接声をかけてチェックを受けてもらっているとの情報を見つけました。

ピーチエア

ともかく、無事に出国ラウンジで搭乗時間を待つのみ。

ここでポイント。

ローコストキャリアの場合は、だいたい満席に近い状態で運航するので、機内持ち込み荷物がある場合は早めに並んで入ってケージのスペースを確保しましょう(機内持ち込みが多いとスペースの取り合いになります)。

自分の席の近くに置けたほうが出る時にも早くて楽だし、仙台便のように遅い時間に到着する場合は少しでも時間を節約したいですからね。

ピーチの機内

ピーチエア

乗り心地は、悪くなくともやはり狭いです…(しかもほぼ満席)。

個人的には、3~4時間程度の台湾が限界です…。

私の身長は172㎝ありますが、背中をぴったり付けて膝のあたりにスペースが10cmあるかないか程度。

ピーチエア

ちょっと腰を浮かさないと前の座席に膝が押しちゃっています。

ピーチエア

当然、トイレもかなり厳しいので、自信のない方は通路側を選択しましょう。

私は、往路が安いチケットのため選択する余地なしでしたが、幸いトイレは我慢出来ました。

且つ、夕方の運航で暗くて景色は望めないだろうと、さして期待していたわけではないのですが、夕焼けがなかなか綺麗でよかったです。

ピーチエア

秋も稲刈りの時期なので綺麗なパッチワーク。

ピーチエア

ピーチエア

ピーチエア

青と赤のコントラストが素敵。

この時は狭さを忘れます(笑)

カメラも持参してきた甲斐がありました。

最後に、さすがにこの狭い機内で飲食する気にはなれなかったのでオーダーしませんでしたが、メニューを撮りだめてきたのでご参考までどうぞ。

ピーチエア

エビマヨちょっと美味しそうですよね。

実物見てみたかった。

ピーチエア

軽食もあるので、どうしてもお腹の減った方は。

ピーチエア

これこれヌードル。

並びの男性の方がアルコールと共にオーダーしていましたが、必然的に匂いは充満…、そそられます。

ピーチエア

飲み物もあります。

200円くらいだったらお手頃だと思いました。

私は待合のラウンジにあった自販機で持込みでしたけど、これなら買い忘れても安心。

ピーチエア

機内の狭さは、アルコールでも癒されますかね?

飲みすぎは、トイレがね!!

ピーチエア

これ、帰りの便にはこんな情報もあり。

知りませんでした。空港からバス乗れたら便利ですね。

次回は、桃園空港到着から新しく開通した地下鉄(空港→台北駅)をご案内します。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけたら頑張れます

フォローしていただけたらもっと頑張れます