超軽量180gのステンレスボトルのおすすめ「ふわふわエアボトル480ml」【レビュー】

ふわふわAirボトル

こんにちは、りんママです。

洗濯ハンガー検討していたと思ったら…。買っちゃいました。

いやいや、実は普段からコーヒー保温用にTHERMOS(240g)を使ってはいたのですが、若干の漏れを感じていたので買い換えを検討。ハンガー探しているついでにお得なステンレスボトルを見つけてしまいました。

そして、この週末の暑いジャズフェスに大活躍☆

第27回定禅寺ストリートジャズフェスティバルin仙台、杜の都でタップが響く【レポート前半】
第27回定禅寺ストリートジャズフェスティバルが仙台で2日間にわたり開催。杜の都に響き渡る音楽レポです【前半】。初日、TBCの生放送ゲストはタップダンサーの熊谷和徳。

スポンサーリンク

ふわふわエアーボトル480ml(スクリュー式)

基本情報

サイズ:幅6.6×奥行6.6×高さ19.7cm

口径:3.8cm

本体重量:約180g

容量:480ml

保温効力: 73度以上(6時間)、58度以上(12時間)

保冷効力:8度以下(6時間)、10度以下(12時間)

ふわふわAirボトル

材質

内瓶:ステンレス鋼

胴部:ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装)

フタ:ポリプロピレン(発砲スチロール内蔵)

飲口:ポリプロピレン

パッキン:シリコン

カラー:パステル色(5色)

ふわふわAirボトル

▲ソラ色

評価ポイント

☆持って実感してほしい驚きの軽さ。

☆日本一軽いボトル。 ※2016年7月現在、同サイズ比。

☆テストするモノ批評誌MONOQLOで最高評価のSランク評価。

“1,500円以下”でこの性能は気になりませんか?

Amazonだと「1,335円」(2017.9.14時点)

本当は、現在私が使っている容量350ml(重量220g)程度のコンパクトサイズで十分だったのですが、比較するとびっくり。

ふわふわAirボトル

40gも軽くなります!!

ふわふわAirボトル

また、全体的なサイズも若干高さはありますがほぼ一緒。

「▼ふわふわエアーボトル(350ml)」も驚異の「150g」なのですが、現在の値段が2,000円前後。

コンパクトになるのはかなり魅力的なのですが、決め手は値段

しかし、使ってみて気づいたのですが、夏場の冷たい飲み物を入れるには「480ml」サイズでよかった

氷と一緒にいれておくと長時間冷たいまま保たれるので、家の中でも重宝します。熱帯夜のベットの傍らにも置いておけます。冷蔵庫をパタパタ開ける必要もないので電気代にも貢献

保温(6時間で73℃以上)もすごいと思っていたのですが、保冷(12時間で10℃以下)の効果はさらにすごい☆

しかし、更に気になるのは「蓋」と「飲み口」の仕様が気になるところ。

ふわふわAirボトル

現在利用しているものは、蓋がカップになるのが便利。飲み口はワンタッチ式です。

▲360℃どこからでも飲めるのがポイント

口に運んだ時に漏れるとのコメントも見受けられましたが、個人的には気になりませんでした。

確かにプッシュ式で飲み慣れていると、飲み口固定なので”ぐびぐび”飲めちゃいますからね。

ふわふわAirボトル

▲普通サイズの氷なら入ります。

私はむしろ熱い飲み物を蓋穴から直接口に運ぶのが苦手なので躊躇したのですが、冷たいものなら気になりません。

しかし、やはり温かいものはコーヒー2カップ程度の350mlでいいんですけどね。

それで、合わせて検討したのが下記の商品。

サーモス 水筒 ステンレススリムボトル 350ml

基本情報

サイズ:約幅6.5×奥行6.5×高さ19cm

口径:約4cm

本体重量:約240g

容量:350ml

保温効力:69度以上(6時間)、39度以上(24時間)

保冷効力:11度以下(6時間)

材質

胴部:ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装)

コップ:ステンレス鋼・ポリプロピレン

中せん:ポリプロピレン

フタパッキン:シリコン

せんパッキン:シリコン

保温はこれで十分ですね。しかし、やはり重さはあります。

蓋の仕様が重くなるんですよね。

参考比較と私のメモのため、500mlサイズも記載しておきます。

値段的にはこちらの商品もリーズナブルだと思うので悩みました。

サーモス 水筒 ステンレススリムボトル 500ml

基本情報

サイズ:約幅6.5×奥行6.5×高さ23.5cm

口径:約4cm

本体重量:約270g

容量:500ml

保温効力:74度以上(6時間)、46度以上(24時間)

保冷効力:10度以下(6時間)

やっぱり、ふわふわエアボトルと比べると「90g」も重い…。

同じ商品の350mlサイズだと「30g」しか変わらない

しかし、容量増すと保温効果も増すんですね。当たり前か?!

この“ふわふわエアマグボトルが安くなった理由”「ワンタッチ式」が発売されたからかも?

重量が「190g」“10g増”しましたが、“片手でポン”が楽な方や飲み口が気になる方はこちらがいいかも。

ふわふわエアーボトル480ml(ワンタッチ式)

ただし、お値段はほぼ倍。そういうものです。

性能だけでも試したい方は、スクリュー式おすすめです。

番外編

▼これ可愛い。

「水筒 真空断熱 スクリュー式 マグ ボトル 0.35L mosh! (モッシュ! )」

見た目重視な方はぜひどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけたら頑張れます

フォローしていただけたらもっと頑張れます