【好きな物・嫌いな物】食べ物で思い出すあんな人、こんな人「バナナと魚肉ソーセージと元同僚」

こんにちは、りんママです。

ネタに困ったわけじゃないのですが、最近ネーミングに魅かれて買ったバナナからこんな小ネタを書かせて頂きました。

個人的には楽しいのですが読んでくれたら嬉しいです。

ご自分の身の回りに当てはまることがあったら思い出してみて下さいね。

▲タイトル写真のバナナは食べ感じは普通に美味しく、むしろ後味魅かれる感じです。なんだか回し者のコメントじゃないですか(笑)

注)以下、引用した画像はあくまでイメージ画としてお借りしました。

スポンサーリンク

元職場の同僚の話。

彼女はバナナ付のお弁当を持参。

お弁当を食べている中おもむろにバナナを食べ始めた。

その光景に私は目が点。ありえない。ものすごくびっくり。

だって、バナナといったらデザートでしょ。最後でしょ。おかずには絶対ならないでしょ??

食事中に食べるってありえないんですけどー…。

私にとって果物はあまり得意な分野ではない。特に柑橘系。

好きな果物をあげるとしたら桃、梨、巨峰、柿。バナナは好きな部類にはいるがしかし…。

たまに、市販で食べるお弁当にカットされたフルーツが添えられている。そんな時は大概、オレンジ、グレープフルーツ、キュウイ等の柑橘系。

お弁当

残すのはしのびないのでもちろん食べますが、出来ればいらない。添えられ物の野菜も不要と思っている私。

そんな時、お弁当に入った果物の役目を教えてくれた人がいた。

「お弁当を食べた後の口の中がスッキリするじゃない。」

“なるほど”

目から鱗とはいかないまでも、その意義には納得。歯を磨ける状況にない時は、口臭予防にもなるしね。でも、個人的には出来ればいらない存在。

うちの母曰く、

「お寿司屋さんで物足りないのは野菜とか果物がないことよ。」

と嘆く気持ちはまったく理解出来ず。

女子だからといって、居酒屋で“サラダ”を頼んでくれる男子。私はなくて大丈夫。

ショートケーキも「上にのった苺をいつ食べる?」ということが話題になりがち。

苺ショートケーキ

やはり最後に食べる人の理由として「生クリームでまったりした口をさっぱりさせるから」というのを聞いたことがある。

私は、もちろん“まったりした余韻を残したままでいいと思っている派”ですが、最初に食べてしまっては苺ショートケーキの”醍醐味”がなくなってしまいそうでそれも出来ません。途中で食べる選択肢は、私にはない!もともと甘いものと生の果物を合わせるのは、果物に対してハードルを上げることになると思いませんか?

よって、苺がメインのショートケーキは私の好きなケーキランキングにはなかなか上がってこないのです。

あ、どうでもいいですね、私の好みなんて。

さて、話をバナナに戻して。

しかし、そんな理屈さえも覆されました…。

“なぜ、途中で食べる、食べられるの?!”

びっくりしている私に彼女の説明がこちら。

「だって、(お弁当食べていると)飽きちゃうんだもん」

「へーーーーー、飽きちゃうんだ…。」とは言ったもののやはり理解不能。しかし、食べ方は人それぞれですからね。

そう言えば、ある時うちで別の友人を招いてご飯を用意した時のこと。

「ごめん、お水もらってもいい。私、“幼児体型”だからいまだにお水がないとご飯食べられないの…。」

と言われた時一瞬焦りました。

なぜなら“ご飯にお水を添えるのはもしやマナーだった!?”とちらっと赤面したのは飲食店をイメージしちゃったからだと思います。

でも、よく考えたら自宅じゃそこまで普通しないだろうと。ちゃんとお味噌汁も付けてありましたし。“バナナの衝撃”よりははるかに印象の薄い出来事でしたが、何気に覚えているものです。

しかし、それ以来、ご飯を振る舞う時に訊いてみると「じゃ、もらおっかな」ていう人も多いので配慮のうちにはいいかもしれません。女子力っぽくて(笑)

もう1つ、バナナの彼女との思い出の食べ物がある。

彼女「私、魚肉ソーセージ好きなんだ。」

魚肉ソーセージ

このことについては、前後の話はまったく思い出せないのですが、どっこにでもある、しかも、お安い魚肉ソーセージを好きと言い切った彼女。

うん、こういう女性、嫁にもらったらいいと思います!

改めて、魚肉ソーセージのお安さ、賞味期限の長さ、お手軽さに気づかされ、うちの冷蔵庫の非常食にもなりました。あると便利ですよ☆

おしまい。

たわいもない話でごめんなさい。

皆さんにも、そんな思いでありませんか?私は食べ物と結び付けて思い出す人結構います。

続けちゃおっかなぁ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけたら頑張れます

フォローしていただけたらもっと頑張れます