冬の松島から年末の塩釜水産物仲卸市場を観光【番外編】

松島大観荘からの観光です。

前回からの続き。

松島のリゾートホテル「大観荘」からの湾の眺めが最高☆【レポート後編】
年末の松島、大観荘宿泊レポ・後半です。何がここの醍醐味って露天風呂からの眺めです。晴れた日差しの朝食も素敵な空間。

スポンサーリンク

「西行戻しの松」と「カフェ ル・ロマン」からの眺め

カフェ ル・ロマン

▲西行戻しの松より

この日は、晴天も風が強く寒かった。しかし、海の色が深いエメラルド色だったんですよね。海は飽きませんね。

やっぱり松島は遠目に見るのが綺麗。

▼カフェについては、こちらを参照してくださいね。

松島を一望できる高台で西行とお茶しませんか「le Roman(宮城)」
松島を一望できるカフェといったら「le Roman(ロマン)」です。西行(歌人)が眺めた景色を一緒に堪能してみませんか?

カフェロマン

▲カフェ・ロマン正面

カフェに入らなくても表に回ってこれます。週末は混雑してますからね。

また、カフェの1階は無料の休息スペースになっているので、一休みに利用も可能。

カフェ ル・ロマン

▲定番の眺め

帰る前に正月の買い物がてら塩釜に立寄ってみました。

塩釜水産物仲卸市場

塩釜水産物仲卸市場

▲当然めっちゃ混雑

基本情報

所在地:宮城県塩竈市新浜町一丁目20番74号

営業時間:平日 午前3:00~13:00、土 3:00~14:00、日・祝日6:00~14:00

※毎週水曜定休日

※食事処は6:30~昼まで

電話:022-362-5518

HPあり:

塩釜水産物仲卸市場

全国でも有数の生マグロの水揚げ量を誇る港

三陸塩竈ひがしものとは?

三陸東沖で、秋口から冬場(9月〜12月)にかけてマグロ延縄船によって漁獲され、塩釜市魚市場に水揚げされる生マグロ類のうち、特にメバチマグロは「鮮度」「色つや」「脂のり」「うまみ」に優れ、塩釜にいる日本一の目利き人(仲買人)の目にかなったものを「三陸塩竈ひがしもの」として売り出している(認定される条件あり)。

塩釜水産物仲卸市場

▲美味しいそう☆

正月だからなのか、普段からなのか、どこもかしこもまぐろ三昧の解体ショーでした(笑)

値段も正月価格?

もちろん、まぐろ以外も見ているだけで楽しい市場ですが、正月前に立寄ってみたのは初めてですんごい混雑ぶり。

塩釜水産物仲卸市場

▲ボイルズワイガニ

塩釜水産物仲卸市場

▲白魚

塩釜水産物仲卸市場

▲吉次?

塩釜水産物仲卸市場

▲冷凍もの?

塩釜水産物仲卸市場

▲ナメタガレイ

仙台の風習で、大晦日の晩に子孫繁栄に縁起が良いことから、子持ちのナメタガレイの煮つけがよく食べられています。

よって、正月前に値段が一気に高騰します(汗)

早めに買っておいて冷凍しちゃえばいいんですけど、ご利益に影響するのかしら??

塩釜水産物仲卸市場

▲くじら珍味等

塩釜水産物仲卸市場

▲金華さば

全国でも十指に入る水揚げ量を誇る宮城県石巻港で、水揚げ量の約4割を占めるのがさば。

なかでも、秋から冬にかけて穫れる「金華さば」は、脂のたっぷりのったブランド魚として知られています。

余談になりますが、古舘伊知郎の「モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!」で、グルメ缶詰としてこの「金華さば(木の屋石巻水産)」が紹介されていた旬ネタです。

塩釜水産物仲卸市場

▲水蛸

見ているだけで精いっぱいの光景(笑)

さすがに旅館でしこたま食べてきているだけに、そうそう手が出ませんが、正月気分は味わえました。

松島の観光ついでにこんな観光名所はいかが?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけたら頑張れます

フォローしていただけたらもっと頑張れます