おデブ猫になってしまったミッキーのペットキャリーを検討中

ミッキー

【前回参照】

黒猫りんちゃんのお気に入りアイリスオーヤマ折りたたみソフトキャリーのおすすめ【レビュー】
りんのお気に入りソフトキャリーのご紹介。もはや5kgを超えそうなりんも次はどうしましょう。

とにかく、可愛いミッキーのため、私の頭を悩ませているペットキャリー。

購入の理想ポイントはこちら。

スポンサーリンク

理想ポイント

  1. 上部からの出し入れが可能。
  2. すでに7kgの重さがあるので、出来るだけ軽重量。
  3. 中の状態が見やすい。窓が多い。
  4. 折りたためる、またはコンパクト。

なお、前回のおすすめソフトキャリーのMサイズも考えたのですが、実家での用途はペット病院。しかも車移動が基本。

問題は、大人しくはいってくれるのか?

アイリスオーヤマ折りたたみソフトキャリー

基本情報

【Mサイズ】

本体サイズ (幅×奥行×高さ) :29×50×32(cm)

折りたたみ時サイズ (幅×奥行×高さ):50×8×38(cm)

内寸:26×49×27(cm)

天面入口:21.5×28(cm)

トンネル入り口:24×31(cm)

本体重量:1.45kg

耐荷重:約8 kg以下

カラー:2色(ブラウン・ピンク)

ソフトキャリーが7kgに対して本当にどれだけ耐えられるのか心配だったこともあり(むしろ車だと問題ないかも?)、ハードケースも検討。

ミッキー

▲美味しそうな太もも

本当は、上から出し入れできるバケツ型が理想なのですが…。意外に7kgに耐えられるバケツてないんですよね…。

唯一見つけることが出来たのがこちら。

アイリスオーヤマメッシュペットキャリー

基本情報

【ワンサイズ】

本体サイズ (幅×奥行×高さ) :45×29×28.5(cm)

内寸(幅×奥行×高さ):39.5×20.5×25.5(cm)

重量:1.3kg

耐荷重:8kg

カラー:6色(ミルキーピンク・ミルキーブルー・ミルキーブラウン・オレンジ・グリーン・イエロー)

おすすめポイント

  1. 通気性に優れたメッシュペットキャリー。
  2. 上フタがクリアタイプなので、移動中でもペットの様子が見えて安心。
  3. 上フタには、小窓と小物収納スペースあり。
  4. 内底には、洗濯機で丸洗い可能なカーペット付き。
  5. 持ち運びに便利なショルダーベルト付き。

とっても良さげなです。軽いし。上の蓋がスケルトンなのも中が見えて安心。

画像の材質が安っぽい気がしないでもないのですが、値段相応。とってもリーズナブル。

しかし、耐荷重8kgの割に全体の大きさが足りない気が。

ネットでの評判も、”5kgの猫でぎりぎり”みたいに書かれているので躊躇してます。

アイリスオーヤマペットハウス&キャリー

基本情報

【ワンサイズ】

本体サイズ (幅×奥行×高さ) :48×32.1×30(cm)

上部:24.5×20(cm)

前部:24×18.5(cm)

小窓:16×15(cm)

重量:1.63kg

耐荷重:8kg

カラー:2色(ブラウン・ホワイト)

おすすめポイント

  1. 前扉を上部に収納してハウスとしても使用可能。
  2. 上扉が付いているため、ペットを抱っこして入れるのに最適。
  3. 前扉が付いているため、ペットが自由にキャリーに出入。
  4. 小窓が付いているので、おやつを与えたり、中の様子を確認。
  5. 前扉・上扉どちらもクリア仕様なので、中の様子を確認。
  6. シートベルト固定用パーツが付いているので、車でのおでかけも安心。
  7. 給水ボトル装着穴付き。

最近ネットで評判のこちらはハウスタイプ

これだと上からも正面からもペットの出し入れ可能なので、応用が利きます

しかし、上記商品と一緒で、耐荷重8kgの割に全体の大きさがちょっと気になります。せっかくバケツタイプよりは大きくなったのですが…。

うちのようなおデブちゃんの場合には、中で身動きがとれなさそうなので、小窓が利用できるか疑問。また、正面向けないと顔も合わせられないのは寂しいかも。

バケツ型は上が開くので顔は出せますよね。

誰か、7kgの猫を入れてみて欲しい…。

リッチェルキャンピングキャリーダブルドア

 基本情報

【Mサイズ】

本体サイズ (幅×奥行×高さ) :57×32.5×36.5(cm)

内寸(幅×奥行×高さ):52.5×33×32.5(cm)

扉開口サイズ(扉取り外し時):28×29.5(cm)

重量:2.4kg

耐荷重:8kg

カラー:2色(ブラウン・ピンク)

おすすめポイント

  1. シートベルト固定機能付き。
  2. サイドの扉は左右どちらからでも開閉可能。
  3. ワンタッチで扉の取り外しOK。
  4. 上扉もあり、上部からの出し入れが可能。
  5. 使わない時はコンパクトに収納。
別売りになりますが、ショルダーベルトを購入すると肩からも下げられます。

こちらはむしろ、全体の大きさと重量が2kgを超えちゃうのが難点。

作りも素材も良さげな分お値段が…、一番高い。バケツ型2個買えちゃう。

7kgの猫を入れたらほぼ10kg

広さは十分なのですが、もうちょっと幅と高さをコンパクトにして2kgに抑えてくれたらベスト。モデルがこのキャリーを手で持っている姿を見るとやはり大きそうなので年老いてきた両親に大丈夫か心配。

この大きさでもばらして収納出来るのはよい点。重さは肩から背負った方が緩和されますかね?もはやクーラーボックスに見えるかも(笑)別売りが更に出費ねー…。

小さすぎて使えないかもしれないのと、大きすぎて使わなくなるのはどっちがいいんでしょうね。

成長を伴う生き物を飼うと悩みはつきません。もうちょっと元気でいてね。

ミッキー

▲立派な毛皮

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけたら頑張れます

フォローしていただけたらもっと頑張れます