久しぶりの腕時計にDW(ダニエル・ウェリントン)の並行輸入品を買いました【レビュー】

ダニエル・ウェリントン

こんにちは、りんママです。

だいぶご無沙汰になってしまいました。

11月から格安スマホの乗換えとともに家のネットワークも変更、諸々の設定に追われ、パソコン・冷蔵庫の買換えと一大出費に、ばたばたの合間をぬっての東京ドームライブなど盛りだくさんの2ヶ月。

ネタはあれど、ブログ更新なんてって言い訳です、はい。

東京満喫はそのうち書きますね。

さて、いまだ慣れない新しいパソコンと格闘する中、さっき半日かけてしたためたブログ用の原稿と写真がパソコンの自動更新により消滅…なぜ(T_T)

もーねー、元のパソコンでこれ書き直しますよ。てか、もお同じもの書き起こせない。

ともあれ、せっかく重い腰あげて選んだ内容、明日(書き直してたら今日だった)はクリスマスイヴ☆

なんとか終わらせて更新しておきたい。

今回の買換えは、最近使っていた腕時計の電池の交換が頻繁なことから寿命を感じ、しばらく腕時計を身に付けずにいたのですが、スマホの時計に頼るにはルーズな性格に更に輪をかけている気がする(時計のせいじゃないとは耳が痛い…)。

よって、久しぶりの購入もネットで検索。

本当は長く使えるものを探しており、「エコソーラーなんかいいかなぁ」と思っていたのですが、購入ランキング上位で私の目に入ってきたのが「DW」のロゴ

人気の秘訣は、かなり有名なブランドとなりつつあるものが、並行輸入品のため1/3程度の値段で購入できるとのことらしい。

さほどブランドものに興味はなく、デザインと質がよければとお試し価格に惹かれてぽちっとオーダー。気になったのは、この売れ筋から周りが身に付けていないか心配だったのですが、お見かけすることがなかったのが幸いです。

そして、時期的にはまんまとクリスマス的なプレゼントを自分で買っちゃいました…あはは。

スポンサーリンク

DW(ダニエル・ウェリントン)

ダニエル・ウェリントン

ネットの評判と情報

2011年に設立されたスウェーデン発のブランドで、創業者であるフィリップ・タイサンダーがイギリスを訪問の際、ダニエル・ウェリントンと出会い、とても紳士的な彼に魅了された影響から、彼の名前がブランド名として起用された。コンセプトは「プレッピー」 。

世界25か国に約950店舗も存在しています。腕時計自体誕生から2年で1億5,000万本も売れるという偉業を残している。

ムーブメントはシチズンミヨタ製、組み立ては中国、NATOストラップおよび皮ベルトの製造も中国で行われており、スウェーデンの時計メーカーではあるものの、スウェーデン製というわけではない。

石原さとみ、山田優、中田英寿、ローラ、武井咲、広瀬すずなどの有名芸能人が、映画・ドラマ・雑誌などが広告塔。

なるほど。

無知な私も「へーーーーー」です。

ただし、スウェーデンの時計であっても製造が中国だったり、よくて並行輸入品、ばったもんが出回っていたりとの黒い噂も読みました。

なので、絶対おすすめというわけではなく、“私の購入した並行輸入品はこんな感じ”程度のご紹介と思ってください。

デザイン的に気にいってくれた方、お金ある方は、正規代理店で購入しましょう。

正規販売店のホームページはこちらから

シンプルでお洒落、普遍的なデザイン

ダニエル・ウェリントン

時刻を示すインデックスとブランドロゴのみのデザインは男女問わず、年代関係なく、カジュアルにもフォーマルにも合わせ易いデザインです。

よって、カップルやご夫婦でのペア購入が多いのも納得。

シンプルって、チープに見えがちだと思うのですが、見た目の質感との絶妙なバランス。

正直、「並行輸入品」なので実物よりチープなのかと思い、あまり期待してはいませんでしたがこれなら値段以上の見栄えに満足。

後は、性能・機能に問題なければいいなぁ。

豊富なラインナップ

Classic、Classic Black、Dapper、Classic Petiteの4シリーズ。

サイズもメンズ、レディースの2サイズ展開ですが、デザインは一緒なのでサイズで選べるユニセックス使用。

サイズ展開:28、32、34、36、38、40mm(シリーズによって組合せあり)

ケースカラーもローズゴールドとシルバーの2色に、バンドもレザーやナイロン等のストラップに付け替え可能。

私の選択「CLASSIC ST MAWES 40mm」

ダニエル・ウェリントン

もう一回言いますよ。並行輸入品です。

ストラップは6種類のレザーベルトと、10種類(レディースサイズ含む)のナイロンベルトから選ぶことができます。

基本情報

ベルトカラー(革):☆ST MAWES、BRISTOL、DURHAM、SHEFFIELD、READING、YORK

ケースカラー:☆ローズゴールド、シルバー

ケース材質:ステンレススチール、23金コーティング、ミネラルガラス

ケースサイズ:36、☆40mm

ケースの厚さ:6mm

ベルトの幅:18mm

調整可能な範囲:160-200mm

防水: 3気圧(雨などに耐えられる防水性)

☆:私の選らんだ内容

ここが一番の決め手。

ダニエル・ウェリントン

ケースの厚さは6mmと薄く、重さは1番大きなClassicシリーズの40mmでも29gと軽量☆

ダニエル・ウェリントン

私は、時計や指輪など肌に密着したものは自然に外してしまいます。

できればコンパクトな時計をと思っていたのですが、手が男性並みに大きいの…。

よって、大き目な時計は間違いなく似合うはず。でも、重いのは無理。

そこでDWの薄さに注目。この薄さならいっそのこと一番大きいものにしてみようと、ここ遊び心をくすぐられるも期待と不安でドキドキ。

届いて身に付けた感じは、自然に見えても存在感ありますよね。

ダニエル・ウェリントン

薄い。軽い。

革もしっかりしているので馴染むまでに時間はかかりそうですが、そこは革。皮膚との相性は悪くないはず。夏は暑苦しいかも?!

もう1つの心配事は、やはりこのフラットな画面のガラス。

きっと、大きいがゆえに傷が入ってくるんだろうなぁっと。シンプルなだけに目立ちそうなため、こればかりは使い込んでみないとわかりませんね。

ダニエル・ウェリントン

こんなところにも「DW」のロゴ。

もうちょっと馴染んで柔らかくなったらもう1つ詰めれる予定。

ね、むしろ、しっかりした革は高級感ありませんか?

ダニエル・ウェリントン

裏を返すとこんな感じ。

ダニエル・ウェリントン

見る人が見ればわかるのかな製造番号…(汗)

どんまい。

ダニエル・ウェリントン

ローズゴールドは日本人の肌に馴染みよい気がします。私的にはネット購入の場合、キラリゴールドより安心。

まだ届いたばかりのため、純粋に見た目の可愛さとリーズナブルな買い物に満足。使い心地はまだまだこれからです。

皆さん楽しいクリスマスを☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけたら頑張れます

フォローしていただけたらもっと頑張れます