言葉が奏でるドラマ「カルテット、第1話、嘘つきは…」語録

カルテット

あー、ついにこれをチョイスしてしまった…

ネタが遅いりんママです。

2017年1~3月の間、このドラマに励まされたと言っても過言でない!!

どうまとめるか迷ったあげく、ここはあえて全話、心に留まった台詞のみ書きだす事にしました(訂正:私のコメント入れることにしました)。

10回アップ出来るぞ(笑)今更でごめんなさい…

ドラマをご覧になっていた方は振返ってみて下さい。

ドラマを見ていなかった方でも、心にぐぐっとくる台詞があったらぜひDVDを借りてみてね。

注)完全に私個人の思い出に浸るページになること間違いなし。正確な台詞の言い回しはDVDでご確認下さい。

スポンサーリンク

概要

TBS系列ドラマ「カルテット」全10話

2017年1月17日 火曜10時スタート

脚本:坂本裕二

参考)「Mother」「最高の離婚」「Woman」など

出演者:(役名)

松たか子(早乙女真紀)

満島ひかり(世吹すずめ)

高橋一生(家森諭高)

松田龍平(別府司)

嘘つきはオトナのはじまり

不可逆

レモンするってことは不可逆なんだよ。

二度と元には戻れない。


覆水盆に返らずってことわざを思い出しました。

画びょうを壁に刺せない人間

あの部屋ポスター貼ってあったでしょ、テープで。

剝がれてたでしょ。

躊躇なく壁に画びょう刺したりできないんだよね。

僕は別府君と違ってさぁ、あっち側だからわかるんだよ、僕も。

画びょうも刺せない人間が音楽続けていくためには、嘘くらいつくだろうなって。


音楽やっている人にガサツなイメージはないですよね。

でも、水面下ではドロドロしていそうですが…。

音楽って万人がその質を理解できるわけではないので、ストーリーがあった方が感情こめられるんですよね。

好きな事を仕事にしちゃった結果がこれだと”みんな明日は我が身”って思ったんだろうな。

アリとキリギリス

私たちってアリキリギリスじゃないですか。

音楽で食べていきたいって言うけど、もう答えは出てると思うんですよね。

わたしたち好きなことで生きていける人にはなれなかったんです。

仕事にできなかった人は決めなきゃいけないと思うんです。

趣味にするのか、それでもまだにするのか。

趣味にできたアリは幸せだけど、夢にしちゃったキリギリスは泥沼で。


せめて寄り集まって形に出来たらいいんですけどね。

独りで奏でられない音楽もありますから。

上り坂・下り坂・ま坂

人生には3つ坂があるんですって。

上り坂・下り坂・ま坂


最近、私の頭のなかこのフレーズよく出てきます。

ちなみに「下り坂」の時には”レスキュ、レスキュ”て言ってますけど。

曇り空

でも、どうして曇ってると天気悪いって言うんですかね。

いいも悪いも、曇りは曇りですよね。

私は青空より曇った空の方が好きです。


曇った空ってあんがい落ち着きますよね。特に寝過ぎた時とか…。

起きた時晴れてると罪悪感感じますからー

別録)

  • みぞみぞしてきた。
  • (言葉だけじゃなく)態度も大丈夫にしてください。
  • 夫婦って、別れられる家族、なんだと思います。
  • (奥さんを)愛してるよ。愛してるけど、好きじゃない。


”みぞみぞ”は使えませんでした。これは流行らないでしょ(笑)

態度も大丈夫にして下さいは誰かに使ってみたいです!!いますよね、こういう人。

つづく

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけたら頑張れます

フォローしていただけたらもっと頑張れます