言葉が奏でるドラマ「カルテット、第2話、大人の恋は…」語録

カルテット

大人の恋はやっかいだ

りんママ広場。

スポンサーリンク

行間

好きな人には”好き”て言わずに”会いたい”って言うでしょ。

会いたい人には”会いたいって言わずに”ご飯行きません?”て言うでしょ。

”好きだ”って言う代わりに”チケット1枚余ってるんだけどさ”って言ったことない?

A行けたら行くって言ってたのになんで来たの」

B「来れたから」

A「席ないよ、え?なんで来たの?えー怖い怖い怖い」

B「ごめんなさい」

こうなりますよ。悲劇おきますよ。

言ったら行くな、行くなら言うな。

言葉と気持ちは違うの。

「こんなのデートじゃないんだからね」デートでしょ。

「絶対怒らないから」って本当のこと言ったらめっちゃ怒られるでしょ。

「(私から)連絡しますね」は(あなたから)連絡しないでねでしょ。

別府君、私、多分結婚するは“別府君、私の結婚、止めて”でしょ。


行間てとても日本人らしいと思います。難しいですよね。

空気じゃなくて「行間」て出しちゃうあたりが新しい。坂本脚本ですよね。

でも、行間読めない男子は苦労しますよ、結婚してからも。

私もたいがいこんは人ですよ。えー面倒くさい人ですよ。ね、家森さん。

別府さんみたいに女心わかっていない人のほうがストレートでいいかもしれませんね(あー…、家森派だ)。

別録)

  • 終電は男女が一線を越える言い訳のためにあるんだよ。
  • 人生には後から気づいて間に合わなかったってこともあるんですよ。


終電はちょっとわかっちゃいます。

私もタクシーで帰れない距離を電車通勤してましたから(笑)人選んで使いましょ。

真紀さん、夫さん間に合いませんでしたね(泣)

つづく

注)正確な台詞の言い回しはDVDでご確認下さい。

言葉が奏でるドラマ「カルテット、第1話、嘘つきは…」語録
ドラマ「カルテット」の名台詞を勝手にまとめてみました。 レモンするってことは不可逆なんだよ。二度と元には戻れない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけたら頑張れます

フォローしていただけたらもっと頑張れます