私の離職票が届かない件について・続々編

私の離職票が届かない件について・続々編

どなたか私の離職票を心配してくれている方いらっしゃいますか?

昨日が失業保険の認定日だったりんママです。

お金を稼いでるブロガーさんにありがちな「崖っぷち」とか「昔こうだった」みたないサクセスストーリーが語られているのをよく見かけませんか?興味そそられますよね~

はい、そんなあなたも明日にはブログ立上げちゃいますよ(笑)

さて、前回からの続きです。私の「離職票」はまだ届いていません。

私の離職票が届かない件について・続編
離職票に代わるものを発見!!失業の手続きは一人で悩んでいないで、ハローワークに相談してみましょう。

初回で憤慨した担当者の話は「仮定」じゃなかったんですね~

なかったんですね~(泣)

なかったんですね~(怒)

スポンサーリンク

雇用保険受給資格者証の見本

話をちょっと整理します。離職日は「3月31日(金)」

1)4月17日(月)受給資格決定

2)4月17~23日(日)待機期間(7日間)

3)4月24日(月)~受給カウント開始、

4)4月27日(木)雇用保険説明会(求職活動1カウント)

5)5月10日(水)第1回失業認定日

6)6月7日(水)第2回失業認定日

7)7月5日(水)第3回失業認定日

私の場合はこんな感じのスケジュールです。

※認定日が「月→水」になっているのは前回参照して下さい。

通常は「1)受給資格決定」に書類が整っていることが前提なのですが、まずは「仮」で受けつけて頂けることになしました。

「4)雇用保険説明会」では個人の受給資格条件を記載した「雇用保険受給資格者証」が渡されます。この時、決定時に足りなかった書類等を持参するのですが、私の”離職票”はまだ準備できず渡された“雇用保険受給資格者証”には「見本」の文字が…

「見本」て~面白くないですか!!いや、笑えない。

しかし、結構「見本」手渡されている人たちいらっしゃいました。過去に受給した時には気づきませんでしたが、昨今、いらっしゃるんですね。心強いです。

やはりなんらかの事情で申請が滞った状態の時にはハローワークに相談することおススメします。

第1回失業認定日

そんなわけで、そのまま本当にゴールデンウィークに突入した訳ですが、ついに「5)第1回失業認定日」を迎えてしまいました。

「私はいったい何を認定されるんでしょうね…」

ちなみに、通常認定日までに「最低2回の求職活動(応募、面接、試験、窓口相談含む)」が必要となります。今回は「4)雇用保険説明会」で1カウントとなるため、私も残り1回の実績はクリア済み。

余談ですが、私の前に並んでいた方はこの「5)失業認定日」をも“1カウント”になると勘違いしていたらしく受付でもめていました。この後どうなったのかは不明ですがどうなるんでしょうね…焦りますよね(汗)

上記のような方もいることから、この時期認定を受ける方は多いので指定の時間「10時~10時30分」も必然的に延長されていました。

受付後は名前を呼ばれるまでしばらく待って現状の確認です。

担当者「離職票はまだ届いていませんね?」

私「はい(ここ自然と苦笑です)」

担当者「それでは、次回も仮でのご案内となりますが6月7日(水)13時30分~14時となります…。」

て、いつまで「仮?」いつまで「見本?」。

私としてはもはや直接職場に指導頂きたいところですが、むしろ諭される始末…

担当者「とりあえず受理されていますし認定日数も変わりませんから。離職票が届き次第振込の手続きは行われますし…(ね)」

確かにそうですけどね。しかし落ち着きませんよね。健康保険にだって関わってきますから。担当者曰く、私の前職場ではよくあることのようです…。

よって、そこ公認なんだと諦めました。

現状、こんなところです。

へこんでいないのかと問われれば十分へこんでますよ。でも、失業保険ごときより将来の方が不安ですからね。行動あるのみです、はい。

嫉妬も妬みも鬱憤も動力に変えていきましょう。

不安は働くことで解消できます。働く不安はひと呼吸おいちゃえばいいのです。

生きている限り人生に無駄な事も時間もありません。

まずまず頑張ってます。

つづく


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけたら頑張れます

フォローしていただけたらもっと頑張れます