桜ヶ丘のさくら寿司のおススメは親方に訊いてみよう

桜寿司

りんに極上なまんまを食べさせたいのはもちろんですが、君のご飯はたくさん買ってあるのでたまにはママが贅沢させて頂きました。

りんママも失業して1カ月が経とうとしています

昨日は誕生日のお祝いに母からお寿司をご馳走になりました。

娘はいくつになっても子供なのですよ。ここは遠慮なく…(汗)

片道約40kmの道のりをここ10何年?、1か月に1度通い続ける70半ばの彼女にとってはもはや馴染のお店であり、昨日訪れたこの日もお昼は暖簾がしまわれており貸切状態です(笑)

久しぶりに食べるお寿司の味が最高なのか、旬な味を嗜める年齢に成長したのか、先代の親方亡き後継いだ若親方の心意気がまさったか、とにかく美味しいお寿司を頂きました。

私が上手に語れない分、ネタの鮮度が写メに映ってるといいなぁ。

気分が乗ったらGWにお寿司はいかが。

スポンサーリンク

1巡目はまぐろオシ(上↑)

上寿司2300円。これにほっきのお吸い物が付きます。

母曰く、ここはまぐろが一番の売りだそうです。

確かに、ネタの厚さは先代ゆずりです。相変わらずあっつーーい。箸先が重!!

ピッツァをフォークとナイフで食べる派ですか?手で食べる派ですか?

こちらのお寿司は上品にネタ返しちゃうと逃げちゃいますからね。ここは豪快に頬張って食べちゃってOKです。

大トロを一番最初に食べちゃう母は剛健です(もちろんスポンサーにならいました、私も)。

2巡目は左から「ホタテ、ヤリイカ、ウニ、アジ」

2巡目

あれ、1巡目と同じものが入ってますね~お気づきですか?

御代わりウニなんて普段は出来ませんからね(笑)このぷっくりしたつぶのオレンジ色がたまりませんね。

でも、なかなかどうして(隣のホタテの存在感に目を奪われませんように)イカの舌に絡みつくねっとり感はウニに匹敵しますから侮れませんよ~

よって、ここアジを挟んでおいて正解でした。一番新鮮に感じるのは鮮度だけにあらず(笑)

ホタテはこれお寿司ですからね!シャリがどこにいるのかわからないほどのこの厚み。

「あっまーい。」

忘れてましたと出された3巡目のつぶ貝

3巡目

「これつぶ??」「でかっ!!」

もはやアワビ並みの存在感。

味は噛めば噛むほど磯が濃いって褒めてるんですけど伝わりにくいですよね…北海道産です。見た目てまり寿司の様なかわいさも、桃尻みたいと思うのは私だけ?

これ頼んだ自分を褒めてあげたい美味しさでした。

ここでお会計をお願いするも「ちょっと試で作ってたんです~」と出して頂いた4巡目は写メなし…(残念)

大トロぽい部位を火であぶってレモン塩で頂きました。

きちょー部位らしいです。あぶりの匂いが香ばしく、これだけで日本酒が頂きたくなったことは想像つきますでしょ。

〆のデザートさくらアイスありますよ、さくら寿司なだけに(笑)

私のつたないレポートで気になっていただけた方はぜひこちらにて(↓)ご自分の舌で確認してみてくださいね。

時価でもお財布に優しくしてもらえますからご安心下さい。

さくら寿司

宮城県仙台市青葉区桜ケ丘4-27-6

022-278-1723

※水曜日が定休日です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけたら頑張れます

フォローしていただけたらもっと頑張れます