台南から台北へお得に新幹線を利用しましょう「KKday予約で20%割引チケットをゲット!」

台湾新幹線

こんにちは、りんママです。

「祝、150投稿記念」て、本当は9月最終日にアップする予定だったのですが、ずるずるっと10月突入。

ブログアップし始めてからの6ヶ月は短いような長いような。後半ペースは落としましたが、普段の私はこんなものです。好きなように好きなだけ書き込ませて頂いおりましたが、とりあえず、台南旅行はしめておこう。

では、名残惜しいのですが、台南から台北に向けて出発です。

台南3日目も「安平」まで足をのばしてしまったおかげですっかりお昼。せっかくなので、お昼も頂きそろそろ出発です。

さて、台北/台南間の新幹線ルートは前回ご紹介していたのですが覚えていますか?

【前回参照】

台湾の夜行バスで食の宝庫、台南へGO!
台南は”台湾の食の宝庫””台湾の台所””台湾の京都”て知ってました?快適台湾バスでお安く行けちゃいますよ~GO!GO!

重複する部分も多いのですが、再度まとめてみました。

スポンサーリンク

「台鉄台南駅」から「沙崙駅」へ電車で移動

まず、ここ台南の中心街にある「台鉄台南駅」から電車に乗り「沙崙(サロン)駅」で下車。新幹線乗り場である「高鐵台南駅」は沙崙駅に直結しているので、改札を出ずに中で移動が可能。

なお、台南駅から沙崙駅まで電車は1時間に2本程度、所要時間は約24分かかるので時間に余裕をもって行動しましょう

沙崙線時刻表参照

「台鉄台南駅」から「沙崙駅」への移動には別途運賃(25元)がかかるので券売機でチケットを購入して下さい。または、悠遊カード(EASYCARD)の利用が可能

なお、沙崙線は2番ホームです。

台南

▲中はいたって、普通の電車。

高鐵台南駅で新幹線乗車手続き

高鉄台南駅

新幹線切符を購入していない場合は、一旦改札を出て、高鐵(台湾新幹線)切符販売窓口、または券売機で購入しましょう。

なお、予約はネット上から可能なため、日本からでも予約・購入が可能

台湾高鐵公式HP(日本語あり)

台湾新幹線に安く乗る方法

繁忙期や込み合う時間帯の一部列車を除き、28日~8日前までの予約には割引運賃の適用あり。

台湾新幹線は28日前から販売開始となり、普通指定席が最大35%割引(ほか、20%・10%割引)で購入可能(ただし、席数に制限があり)。

よって、出来るだけ発売日にネットで予約・購入することをおすすめします(ビジネス車両や自由席の割引適用なし)。

ネット予約必要事項

  • パスポート番号
  • 電話番号
  • メールアドレス

予約完了後、「予約番号」が登録のメールアドレスへ送信されます。

発券する際に必要となるので忘れずにメモっておきましょう。

支払い手続き

上記ネット予約後、クレジットカード決済が可能

ただし、乗車前に発券手続きが必要です

または、高鐵切符販売窓口提携コンビニエンスストアで支払い、チッケットと引換えも出来ますが、日本から事前予約の場合には支払期限があるので注意してください。

支払期限

・予約したきっぷの発車が予約手続き完了日から3日以後(当日を含む)の場合、予約手続き完了日(当日を含む)から3日以内にお支払ください。

・予約したきっぷの発車が予約手続き完了日から3日以内(当日を含む)の場合、遅くとも乗車日の前日までにお支払いください。

・当日きっぷをご予約の場合、遅くとも発車の30分前までにお支払いください。

(公式サイトより引用)

発券手続き

高鉄台南駅

乗車前にチケットを駅の高鐵切符販売窓口や自動券売機で発券。

提携コンビニエンスストア専用端末「ibon」が利用可能。駅での混雑を避けたい方は、こちらの方がおすすめ。

必要事項

・予約番号

・パスポート(番号)

台湾新幹線

▲日本の新幹線システムが採用

座席種別は日本同様、「普通指定席、普通自由席、ビジネス席(日本でいうグリーン車)」があり、「普通車両は横5列(3列+2列)A~E」、「ビジネス車両は横4列(2列+2列)」

車内は、日本の新幹線と同じ設備です。導入経緯については、こちらも以前にご紹介した本を参照してください。

台湾に戻りたくなる本「路(ルウ)、吉田修一」
2007年開業の台湾高速鉄道を背景に、台湾で働く日本人女性と日本で働く台湾男性の交差する運命や戦前を台湾で過ごした老年の台湾へ馳せる思い、高鐵の整備士を目指す台湾の若者などオムニバス形式で綴られています。

ここで、外国人のみ適用される割引をご紹介します。

今回、私は予定が未定の旅のため新幹線の事前予約に躊躇し、こちらの方法で”普通指定席の20%の割引を受けました。

「日付」と「区間」は予約時に指定が必要ですが、どの新幹線にも適用可能。支払いは事前にクレジットカード決済です。

KKday

kkday

公式HP(日本語あり)

台北発新幹線予約サイト

台南発新幹線予約サイト

乗車駅によってサイトが違うので要注意

利用条件

対象:台湾籍以外のお客様限定(外国人限定)

範囲:台湾新幹線(台湾高速鉄道)。乗・降車駅は予約時に指定。

期限:購入した日から90日以内。

注意事項

・弊社サイトにて台湾時間当日09:30 – 18:00までのご注文は、台湾新幹線窓口にて翌日からご利用いただけます。

・弊社サイトにて台湾時間当日18:00以降のご注文は、台湾新幹線窓口にて明後日からご利用となります。

(公式サイトより引用)

なかなかタイムリーに使えるので、台湾旅行中でも、新幹線利用予定の前日18時までに予約出来れば、翌日には利用可能なのです。

予約方法

①予約画面より「パスポート番号」「パスポートの氏名(ローマ字表記)」「性別」「生年月日」等必要な情報を正確に入力、送信。支払いはクレジットカードを利用。

②送信後、受付確認メール(予約番号付き)が登録メールアドレス宛返信。

③手続き完了後、再度、登録のメールアドレス宛添付ファイルでeチケット「電子バウチャー(引換えコード付き)」が送られてくれば予約完了。

私のネット予約の場合【参考】

10月10日21時、ネットより予約申請後、予約番号が返信。

10月11日12時、手続き中のメールが返信。

10月11日13時、添付ファイルにてeチケット(バウチャー)が返信。

発券手続き

高鐵切符販売窓口にて「プリントアウトした電子バウチャー(または電子バウチャーをスマートフォンなどの電子機器で表示可)」「パスポート」を提示。座席を指定し、乗車券に引き換え完了。

なお、高鐵台南駅では、通常の窓口とは異なる専用窓口で受付でした。窓口での購入は結構混雑しており、更にこの手続きには若干時間がかかるのでここも時間に余裕をもっておきましょう。

ちなみに、「台鉄台南駅」で発券が出来ないか訊いてみたのですが、この「KKday予約」だからなのか、「高鐵台南駅」で手続きするよう案内されてしまいました。

通常のネット予約の場合、「台鉄台南駅」で発券が出来れば、「高鐵台南駅」でわざわざ改札出る必要はないのですが詳細は不明。

なお、発券後の乗車券は新幹線改札機には通せません。係員のいる改札から入れてもらってください。

注意事項

・切符の区間外に乗り越した場合は、その乗車区間に必要な運賃差額を別途お支払いいただきます。

・台湾新幹線窓口にて指定した乗車日を変更することはできませんので、ご注意ください。

・Eバウチャーを乗車券に引き換える前、予約を取り消す場合は、10%のキャンセル手数料がかかります。もし引き換えた場合、返金および変更することはできかねません。

・予約確認後、旅客情報、或いは乗車駅の変更は10%の変更手数料がかかります。

・有効期限:チケット発行日から90日

(公式サイトより引用)

なお、この“チケット発効日から90日以内”とあるのですが、eチケットが送られてきた日、または予約申請日から90日の解約・返金手続きのことだと私は理解しています。

私の送られてきたeチケットには「redeem due time:2017/1/8 12:09」「refund due time:2017/01/09 12:09」と払い戻しに関する記載あり。

余談ですが、公式HPの手続き案内にもなぜか“乗車日をご指定頂き”とあり(座席指定の間違いかな?)、わざわざ窓口でも乗車日を確認されたので、「乗車券発券前の予約90日以内であれば変更可能なのかな?」と思ったりもするのですが、最悪変更したい時には発券前に確認してみて下さい。

新幹線乗車券へ引換え(発券)後の変更・解約は無効(返金不可)

基本的に、発券前であっても、あらゆる内容の変更・解約等は有料であり、当然90日を超えての予約も出来ないと思いますのでご注意ください。

さて、ここまで手続きが終わったら、後はお弁当でも買って乗り込むだけです。

高鐵台南駅

▲駅弁コーナー

高鐵台南駅

▲すでに夕刻だったので、この程度しか残っていませんでした。

台南のお弁当は”安くて美味い”のが売りなのでぜひ味わってみてはいかがでしょ。

次回は、台北へつづきます

▼台湾新幹線開業までを題材にした吉田修一の「路(ルウ)」おすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけたら頑張れます

フォローしていただけたらもっと頑張れます