朝日も眩い台南駅の目の前に鉄道大飯店あり

台南駅

ずーっと台南旅行のまとめ方を悩んでました…りんママです。

猫もそうですが、愛着湧きすぎて写真が選びきれません。

細切れな連載でも我慢してついてきてくださいね。

前回からの続き。

台湾の夜行バスで食の宝庫、台南へGO!
台南は”台湾の食の宝庫””台湾の台所””台湾の京都”て知ってました?快適台湾バスでお安く行けちゃいますよ~GO!GO!

スポンサーリンク

台鉄台南駅

どこが眩しいって思ってます(↑)?だって、朝日が出る前でしたから。朝日が出たら出たで逆光になるし。

実際の朝日はこちらです(↓)ね、眩いでしょ。早朝感じるでしょ。てか、いろんな意味で私の目しばけてます。

ここが台南のメインステーションとなる「台鉄台南駅」です。市の中心部に位置しています。よく言えば白亜のコロニアル風の建築物と表現されるんでしょね。外との出入り口がアーチ型になっており美術館のような雰囲気です。日本統治時代から使われていても中はきちんとハイテク化していますから大丈夫(↓)。このアンバランス感がいい味だしてます。

それより後ろにそびえ立つ長丸いビルの方も気になりませんか?

そちらはシャングリラ ファーイースタンプラザホテル。38階建ての一流ホテルです。もはや景観としては台南駅と一体化してますよね。方角がわからなくなったらこれを目印にして下さい。

悠遊カードもちゃんと台南で使えるので台湾着いてまだ購入していない方は駅の売店、もしくはコンビニで購入して下さいね。台南のバスでも利用可能です。

私はこちらのトイレを拝借して着替えて、顔を洗って歯を磨いてと。ここさすがに台湾女子に不審がられてしまいましたが…。だってこれから長い1日が始まりますから準備は万端にしないとね。トイレもやっぱり昭和でした(笑)

さて、まずはホテル探しと思ったらあっさり目の前に見つけました。目の前の赤い派手な看板のビルですよ。

鉄道大飯店(Tie Dao Hotel)

ダブル(バストイレ付)7,000円弱/2泊。安いと思いませんか?駅前なのに。

しかも1階部分がロビーというか自由に使っていいスペースになっており、コンビニと隣接しています。これは便利!!「24H」表記が掲げてあったので、多分このスペース24時間利用できそうです。てことは、早朝にバスで着いてもここで時間つぶせましたね。

しかし、ホテル自体はかなり古いのでバスタブ付きですが部屋は期待しないように。でも私の部屋には窓があり目下に台湾駅を見下ろせる眺めは最高でした。

台湾のホテルでは部屋に窓がない場合があります(格安の理由)

日本人的には建築基準に疑問を感じると思いますが、安いので私は妥協しちゃいます。どうせ寝に帰るだけになりますから。

むしろ、ネックだったのは飲食街や観光場所からは離れてしまっていることなのです(ここについては後日記述します)。駅前なので、バスなりタクシーを利用するには便利なのですが。また、1泊だけなら駅に近い方が電車の移動には都合よいと思います。

また、台湾のホテルは朝食付きが多いのですが、この安さに期待していなかたのものの下記のチケットが頂けました。

黄色のチケットは同じく併設しているカフェでコーヒーなどの好きな飲み物と引換れます。緑色のチケットは隣のコンビニで60元/1名まで飲食物購入可能(ただし、双方とも当日限定)。

これはありがたい。だって、正直ホテルで朝食なんて食べたくないんですよ。お外で安くて美味しいものがたくさん待ってますからね。

コンビニ朝食

よって、私が翌日選んだ朝食がこちら(↓)

て、紹介するまでもないのですが…一応。

やっぱり朝はフルーツ(46元)からスタートですよ。コンビニの美味しそうな手巻きの誘惑に打ち勝ちました。これから食べる気満々度を感じるでしょ(笑)

しかも、フルーツだけでいいやと思って引換にいったら、言葉が全く通じない兄ちゃんが金額に満たない分お菓子選んでくれました。

ね、こういうところが親切だと思うんです。

また、飲み物はアイスラテにしましたがこれが美味しい(ちなみに2日目はホットラテ)。たっぷり入ってるし、日本のコンビニレベルのテークアウトなのですが”台湾のコーヒーはレベル高いかも?”と思ってます。

まず出だしはこんな感じでよろしいでしょうか。ちょこちょこ加筆・修正を加えていくのはご了承下さい。
まだまだ続きます。

台南観光編はこちら

台南ご飯編はこちら



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけたら頑張れます

フォローしていただけたらもっと頑張れます