台北の美味しいもの「定番の朝食メニューから水餃子、牛肉麺の1日」【台北ご飯編】

阜杭豆漿

では、改めて台南から台湾戻ってきました。

【前回参照】

台南から台北へお得に新幹線を利用しましょう「KKday予約で20%割引チケットをゲット!」

念のため、これは昨年2016年の旅行記です。

よって、この日は台湾4日目の月曜日。水曜日には日本へ帰国。

台北に着いたのはすっかり夜。ホテルで荷物を整え出かけようとしたら雨がー。ここ

饒河街夜市に向かうも徐々に雨足強くなり、仮設の屋根に耐えかね早めに帰宅。

ろくな写真撮れなかったのでアップ省略です。

よって、火曜の朝から「ご飯」「デザート」「帰国」で多分3回ほど?書き込み予定。

台北観光?…4回目となると今さらなので今回は飲食のみでごめんなさい。

スポンサーリンク

阜杭豆漿(フーハンドウジャン)

基本情報

住所:台湾台北市忠孝東路一段108号

MRT板南線「善導寺」駅5番出口すぐ脇。1階は「華山市場」になっているビルの2階。

営業時間:5:30~12:30(なくなり次第終了)

定休日:月曜日、旧暦の端午節、中秋節、年末年始

感想

阜杭豆漿

豆漿(25元)、鹹豆漿(30元)、厚餅蛋夾油條(60元)

もう紹介することのないほどの超有名店。どのガイドブックにも掲載されていますよね。

当然、大行列必須のお店ですが、店内は広いのであっという間に順番は回ってきます。むしろ、スムーズにオーダーできるよう食べる物は事前に決めておきましょう(メモにして渡すと間違いない)。

観光がてら、台湾の朝食を語るなら一度は試してみる価値ありのお店です。

ここは早朝から営業しているので、私は日本へ帰る日の朝食として利便性は高いのです。

しかし、最終日は色々食べつくしており、お腹の調子はすでに限界な時が多かったので、「豆漿」と「鹹豆漿」ぐらいしか食せませんでした。

どこのお店でもそうですが、豆漿は基本的に甘く、“ホット”または“アイス”が選べます。

そして、ここでの逸品はなんといっても「鹹豆漿」

阜杭豆漿

▲ほわっほわっ

出汁が効いており、小エビ、ネギ、ザーサイ、油條など具沢山。みるみる間に固まっていきおぼろ豆腐に仕上がる様は最初感動でした。店内の何カ所かに調味料がおいてあるので、ラー油なんか垂らしてもおつですよ。

そして、この日のお腹の体調は万全。

よって、ネットでみていてずーっと憧れていた「厚餅蛋夾油條」に挑戦。

阜杭豆漿

▲これ、すごくないですか?

厚めのパンの間に、更に油で揚げたパンと玉子焼きが挟んであり、ここのお店で一番ボリューミーなオーダー。

“だから何?”て思う人も多いでしょ。

そうですよね。私も冷静に考えればそうなのですが、“一度は”食べてみたかった。

味は“うん、想像通り(笑)”

ちなみに、中に挟んである「油條(22元)」や「蛋餅(28元)」も単品あります。

油條は衛生的な店内で作られているので美味しいですよ。

阜杭豆漿

▲もはやパフォーマンス☆

しかし、案の定これを一人で食べるにはお腹に限界が…。はい、なんとか完食です(汗)

これで思い残すことはない。やっぱり今回も美味しい朝食に大満足。しかし、この後、私には水餃子が待っている(うっぷ…)。

巧之味手工水餃

基本情報

住所:台北市中正區濟南路二段6號

台北MRT地下鉄の忠孝新生駅か善導寺駅から歩いて徒歩数分の場所。

営業時間:11:00‐21:00

定休日:日曜

巧之味手工水餃

感想

巧之味手工水餃

看板メニュー:水餃子(6元)、ニラ水餃子(6元)、ほたて水餃子(8元)

オーダーの仕方:各5個単位

上で紹介した「阜杭豆漿」と同じエリアにあります。

台湾で水餃子美味しいですよ。

私はいつも雙連駅の近くにあるお店に伺うのですが、事前にゲットした情報に新しいお店を開拓。

しかーし、なぜか事前の情報通りにお店が開かない…?

現在人手不足の為、営業時間が15:00~になっていますのでご注意下さい。

なるほど。さすが台湾。アバウトですが、飲食店での人材不足は日本だけじゃないんですね。

さて、改めて、開店とほぼ同時に入店するもすでに中は満員状態。

お一人様の私は相席必須ですが、全く問題ない私。

店内は新しく改装されたばかりなので綺麗です。

オーダーも、日本語メニューもあるので安心。

巧之味手工水餃

朝食でお腹が満たされているので、おすすめの「水餃子」と「ほたて水餃子」を5個ずつオーダー。

巧之味手工水餃

▲水餃子

巧之味手工水餃

▲帆立がでか!!

どちらも間違いない味ですが、やはり、色も鮮やかな緑の帆立が私には新鮮。帆立の存在が目でも確認できるほど大きく、噛みしめるほどに美味い。

水餃子は、野菜の甘みで優しいお味。ここにニラが入るとアクセントになりますよね。

なお、調味料は別にあるのコーナーから自分の好みで準備しておいてください。

しかし、相席のお兄さんはてっぱんの水餃子(よく見たら、半分はニラ水餃子かな?)がもりもりでした。これだけもってあると更に魅力的に見えます。

巧之味手工水餃

水餃子のこのサイズは意外にいけます。5個ずつならあっという間に完食できるので3種類食べ比べてみて下さい。

食べ台湾」から迷った時のコツを伝授

“招牌”の文字が書いてあるものを頼むか、オーダーシートの“一番上”を選ぶと間違いない。参考になります。

永康牛肉麺

基本情報

住所:台北市金山南路二段31巷17號

営業時間:11:00‐21:30

定休日:旧正月

永康牛肉麺

感想

永康牛肉麺

紅焼牛肉麺(220元)

こちらのお店は永康街では有名な牛肉麺のお店です。ガイドブックにもよく掲載されています。

しかし、値段もそれなり。他のものと比べると非常に値段が高!!

日本円にすると1,000円?ラーメンでも高いでしょ(笑)こっちは牛肉入りだから当然か?

どこのお店でも牛肉麺はやはり150元前後はするのですが、200元超えるものはいいお値段。

しかし、店内は平日の夜にも関わらず結構な混雑ぶり。永康街は繁華街ではあるのですが、観光客だけとは思えません。オーダーしなれたようなグループが色々食べているのを横目に指定された席に着席、待つこと数分。

永康牛肉麺

さて、見てお分かりの通り、しっかりした牛肉に目が踊りますよね♪

見た目、色が濃いので味も濃そうに思いますが、台湾では、まったくそんなことはありません。よって、しっかり牛肉本来の味わい。脂身は柔らかいというよりは結構しっかり歯ごたえ。刀削麺ほどではありませんが、麺はうどんに近いかな。

この色味だともうちょっと濃いめの味付けでもいいような気はしますが、台湾はほんと見た目に反して出汁が前面。おかげで最後の1滴まで飽きずに美味しく頂けます。

ここのおすすめ情報に「粉蒸排骨(120元)」があり、オーダーされているのを見るとやはり美味しそう。複数で訪れた方はぜひ試してみて下さいね。

おまけ

永康街でいつも人気の露店天津葱抓餅

ここも一度は食してみたいのですが…、いつも満腹状態(残念)

天津葱抓餅

▲見ているだけで美味しそう

さて、デザート食べに行かないと

▼面白そうな本

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけたら頑張れます

フォローしていただけたらもっと頑張れます